ミツバチはなぜあんなに飛べる!その秘密はアミノ酸!?

天気が良い日は外にミツバチが飛んでいるのを見かけますよね?ミツバチはとても小さいのですが、かなりの速度で飛ぶことができ時速24キロとも言われています。刺されそうになって走ってもミツバチには追いつかれると思った方が良いのかも知れませんね!

そんなミツバチですが体が小さいので軽くて飛びやすいと思いますが、一日中飛び回るだけの体力をどこに溜め込んでいるのか不思議に思いませんか?ミツバチの一日の移動距離は75キロほどなのですが、人間は一日のそれほどの距離を歩いたり走ったりしませんよね!フルマラソンでさえ42.195キロです。しかもミツバチの体はとても小さいので、私たちが感じる距離感とは全く違うはずでもっともっとたくさん移動している間隔でしょう。

それだけ飛ぶためには効率よく餌をエネルギーに変える必要があり、その役割を果たしているのがアミノ酸ではないかと言われているのです。ミツバチはどこにでもいる虫なのでいろいろなことが研究されてはいますが、未だに解明されていない不思議なことが多いそうです。

ミツバチが移動するためには何度か餌を食べ栄養を補給するのですが、その際にアミノ酸を摂取しているのかもしれません。ハチと言えばはちみつでですが、アミノ酸が豊富に含まれ美容や健康に良いということで知られています。

アミノ酸は生き物の生命活動には欠かすことができない成分で、人間の体の20%はアミノ酸でできているのです。

アミノ酸がダイエットや健康に良いと言われ始め、最近この成分が注目されるようになったのですが、実はアミノ酸はタンパク質を作る元になっている成分でアミノ酸がたくさん集まってタンパク質を形成しているのです。

アミノ酸は生命の源と言われていて、健康な体を保つためにはなくてはならないものなのです。

このアミノ酸をたくさん摂取しているミツバチは、疲れることを知らず一日に信じられないほどの距離を移動することができるということなのかもしれません。人間もアミノ酸を豊富に含んだ食べ物を積極的に摂取することで病気に負けない強い体を手に入れることができるはずです。ただ、食べ物だけでアミノ酸を十分に摂取しようとしても足りていない場合も多く、サプリメントなどをじょすに利用することで補うことができるのです。

 

このブログ記事について

このページは、toplacosteが2015年5月20日 10:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「黒酢に秘められたダイエット効果と美肌効果について調べてみた!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。